LINEを使ったアフィリエイト!成功までの4つの流れについて

1.はじめに

私がスマートフォンを使ったアフィリエイトに興味を持ったのは、スマホ副業という言葉を見聞きしたからです。スマートフォンを買ったばかりの頃の私は、ネットサーフィンに多くの時間を費やしていました。スマートフォンのレスポンスは素早かったので、初めて検索した時はストレスの無さに感動したのを覚えています。

ですがネットサーフィンを楽しむだけの道具では、パソコンと大きな違いはありません。
生活を便利にするためのスマートフォンを所有したのだから、暇潰し以外の役目も担当させたかったのです。

そこでスマートフォンの利用者が何をしているか、自分なりに調べてみる事にしました。
そして調査の結果、アフィリエイトによるスマホ副業が流行しているのを知ったのです。

2.人気アプリのLINEを導入

実はアフィリエイトという言葉を見聞きしたのは、初めてではありませんでした。
初めてパソコンを購入した時、私はアフィリエイトを行おうとした事があるのです。結果的にアフィリエイトを行わなかったのは、最低換金額まで達する事が出来なかったからです。

私はブログサービスを利用していたのですが、毎日のように記事更新をする事が出来ませんでした。活動内容の乏しいブログに、人が訪れる道理はありません。
最終的にモチベーションが不足して、作成したブログは放置される事になりました。

同じ失敗をしたくなかった私は、別の手段を模索する事にしました。
そして見つけたのがLINEという人気ツールです。連絡用の人気ツールであるLINEは、多くの利用者がいます。それを活かしたスマホ副業に興味を持った私は、LINEをインストールしたのです。

3.LINEでアフィリエイトをした

LINEで行えるスマホ副業とは、過去に私が失敗したアフィリエイトです。
アフィリエイトで苦い経験を持つ私が、LINEで広告掲載しようと思った事には理由があります。

まず第1にLINEによるアフィリエイトなら、過去と同じ失敗をしないと考えたからです。
ブログを使ったアフィリエイトで最も難しいのは、成果が出ないのに記事更新を続けなければならない点だと言えます。

検索サイトの高評価を得るまで、様々な題材を探して記事にする必要があります。
人が集まるまでアフィリエイト報酬を得るのは難しいので、実質的に無報酬の労働です。

LINEアフィリエイトはブログの問題を見事に解決しています。LINEアフィリエイトでは検索サイトの評価を得る必要がないからです。ただ素晴らしいと思った商品を探して、アフィリエイト広告を貼り付けるだけの作業になります。
非常に簡単なのでスマートフォンの操作に不慣れな私でも問題ありませんでした。

4.ブログに成果を書いた

LINEによるアフィリエイトを狙った事には、まだ理由があります。
それはブログによるアフィリエイトを今度こそ成功へと導くためです。過去の私の失敗の原因は、モチベーションと記事にする題材が不足していたからでした。しかしLINEアフィリエイトで僅かながら報酬を得るようになり、同時に記事のネタも得る事に成功したのです。

また、ブログ作成に関してもスマートフォンで行いました。当時の私は定職に就いていたので、隙間時間を活かしたスマホ副業しか選択肢がなかったのですが、結果的にスマートフォンの操作にも慣れる事が出来たので、非常に良い経験をする事が出来ました。

5.LINEとブログで得たもの

私のLINEを使ったスマホ副業は、アフィリエイト広告の宣伝をLINE経由で行い、その成果を記録していきます。そして記録した内容をブログで紹介し続けるという単純なものです。
2つの収入源を得た事によって、私のスマホ副業は理想的な結果に終わったと言えます。

そしてLINEを使ったスマホ副業は、現在の私に教訓をも与えてくれたのです。
それは物事を段階的に片付けると成功を掴めるという教訓です。
その教訓を活かす事によって、現在の私は様々なスマホ副業を実践しています。

新しいスマホ副業を実践する度に失敗もありますが、最終的には必ず成功へと導いています。
それが成し得たのはLINEによるアフィリエイトで、自信と経験を得る事が出来たからです。
LINEによるアフィリエイトはハードルが低いので、自信と経験を積む意味でも優れています。

6.まとめ

以上が私のLINEアフィリエイトの経験です。
LINEは人気ツールなので、大半のスマートフォンユーザーがインストール済みだと言われています。それ故に操作を自然に行える人は珍しくありません。

新たに覚えるべき物事が少ないのは、LINEアフィリエイトの利点だと言えます。
スマホ副業を求めている人は、試しに実践してみるのがお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ